後悔しない指輪選び


結婚指輪を購入する際には、将来的に後悔しないものを選ぶべきです。購入当時は気に入ったデザインでも、いつしか飽きが来てしまったり、風貌と合わなくなったりと、人それぞれの悩みが生まれる可能性があります。例えば、ありがちなケースとしては、指輪の周辺に立体的なデザインがあったり、ダイヤが組み込まれていたりするものは目立ちすぎるため、もっとシンプルにすれば良かったと考えられやすいです。婚約指輪と違い結婚指輪は、常に指につけている事が多くなるため、今だけではなく先を見越してデザインを選ぶべきです。飽きがくるかどうかよりも、ずっとつけていられるようなデザインの方が、無難ではないでしょうか。

デザイン性はもちろんですが、リングの部分もしっかり検討して選ぶべきです。つけていくうちに、リングの引っかかりが気になったり、重みを気にしてしまったりする場合があります。家事をされる人、指先で作業をされる方が多い人に関しましては、違和感が少なく、つけ心地の良いものを選ぶと良いでしょう。また、アフターケアについても、購入時に必ず確認する事が大切です。長くつけていると歪みがあったり、サイズが合わなくなったりします。アフターケアとしてサイズ調整等を行ってくれるかどうかも、事前に確認しておきたいポイントです。


こだわりのデザイン


結婚指輪のデザインは、リングの形状からオシャレさを持たせる方法があるほか、装飾等に力をいれられる場合も多いです。その一例として、シンプルなストレートタイプではなく、ダイヤの装飾が施された指輪があります。あまりに大きな宝石がつくものについては、職場での周囲の目が気になったり、作業の邪魔になったりする心配があるため、ライフスタイルと照らし合わせて選ぶ必要があるかもしれません。ただダイヤ入りのものは、ゴージャスな雰囲気が強く、シンプルなものよりも非常に華やかになります。

また、思い出や記念を重視するのであれば、メッセージ入りのデザインも良いでしょう。イニシャルや記念日、二人だけの思い出の言葉などを刻印し、指輪に残す事が出来ます。リング単体に刻むだけではなく、二つのリングを合わせると一つの言葉やデザインが浮かび上がるような仕様も人気があります。さらにデザイン性を求めるのであれば、カジュアルなものも良いでしょう。リングの外側に彫刻が入っており、立体感を出したり、デザイン性を強めたりと、オシャレな指輪にも出来ます。こちらもダイヤ入り同様に、職場でもつけるとなると、少々抵抗が生まれるかもしれませんので、ライフスタイルに合わせて選ぶ方が良いかもしれません。

参考リンク《ガラ おかちまち_結婚指輪専門情報》


結婚指輪のデザイン


一口に結婚指輪と言っても、指輪そのもののデザインは様々です。長く指にはめていくものなので、二人が納得出来るものを、慎重に選ぶ事が大切です。当サイトでは、結婚指輪におけるデザインについて、紹介しています。

指輪のデザインは、ご自身でフルオーダーして注文する方法を加えると、種類は無限に広がっていきます。がしかし、一般的なデザインに絞り込むと、いくつかのタイプに分かれます。特に多くの方が利用されている指輪としては、ストレートタイプのものでしょう。派手な装飾はなく、シンプルな指輪となっていて、職場でつけていても抵抗のないものです。あらゆる指の形に合いますし、女性がつけると指を細く華奢に見せてくれる効果があります。

次に、ストレートとは違い、やや波打つ形状を特徴とするウェーブタイプがあります。緩やかなカーブが描かれていて、柔らかい印象をあたえられるものです。指が短い人にも相性が良くなっています。男性はストレートタイプにして、女性はウェーブにするように変化を持たせ、女性らしさを引き立たせる事も出来ます。ウェーブタイプよりも傾斜が強いのがU字型です。Uの字を描くようになっており、V字型とも言われます。傾斜の部分に視線が集まりやすく、指が太くても似合うものです。そして最後に、幅広のタイプがあります。存在感が強く、非常に目立つ指輪です。男性からの人気が強いですし、ボーイッシュなファッションを好む女性にも、人気があるでしょう。