こだわりのデザイン


結婚指輪のデザインは、リングの形状からオシャレさを持たせる方法があるほか、装飾等に力をいれられる場合も多いです。その一例として、シンプルなストレートタイプではなく、ダイヤの装飾が施された指輪があります。あまりに大きな宝石がつくものについては、職場での周囲の目が気になったり、作業の邪魔になったりする心配があるため、ライフスタイルと照らし合わせて選ぶ必要があるかもしれません。ただダイヤ入りのものは、ゴージャスな雰囲気が強く、シンプルなものよりも非常に華やかになります。

また、思い出や記念を重視するのであれば、メッセージ入りのデザインも良いでしょう。イニシャルや記念日、二人だけの思い出の言葉などを刻印し、指輪に残す事が出来ます。リング単体に刻むだけではなく、二つのリングを合わせると一つの言葉やデザインが浮かび上がるような仕様も人気があります。さらにデザイン性を求めるのであれば、カジュアルなものも良いでしょう。リングの外側に彫刻が入っており、立体感を出したり、デザイン性を強めたりと、オシャレな指輪にも出来ます。こちらもダイヤ入り同様に、職場でもつけるとなると、少々抵抗が生まれるかもしれませんので、ライフスタイルに合わせて選ぶ方が良いかもしれません。

参考リンク《ガラ おかちまち_結婚指輪専門情報》